PR
PR

札幌市接種「今なら空き」 75歳以上第3弾 混雑回避か予約低調

 札幌市が75歳以上の高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチン集団接種の予約が低調だ。2日に開始した第3弾は、インターネットと電話で計約2万9千人分を募集しているが、4日午後6時現在の予約率は5割どまり。翌日には受け付けが終了した第1弾や第2弾とは対照的で、市は当初の混雑から予約を諦めたり、自宅近くの医療機関での個別接種を選んだりしている可能性があるとみている。

 「今なら空きがある。諦めず予約してほしい」。ワクチン接種を担当する市幹部は現状に焦りを隠さない。第3弾の予約は4日も枠が埋まらなかった。第3弾では、電話と、24時間受け付けのネットの計2万9073人分を用意。だが、申し込みは4日午後6時時点で1万4435人で、枠は1万4638人分余った。

【関連記事】
「余市モデル」で接種加速 後志5町村 年内完了前倒しへ
「ワクチン有給休暇」道内でも拡大 現役世代の平日接種促す
道内ワクチン接種率なぜ低い? 65歳以上1回目、全国44位
飲食店の営業時間や感染対策確認 ススキノでの見回りを公開
観戦も感染も対策見えず 五輪マラソン・競歩まで2カ月

残り:634文字/全文:1107文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る