PR
PR

漂着物の「聖地」石狩浜 タマネギ、石炭…いろんなものが海から川から

 【石狩】流木や白熱電球、プラスチックのおもちゃや漁具―。日本海と石狩川に挟まれた石狩浜には、さまざまな漂着物が打ち上げられている。長い年月をかけて、たどり着いた漂着物からは、数々の物語が伝わってくる。一方、多数のペットボトルや空き缶も散乱しており、海洋ごみの深刻さを私たちに訴えている。

 石狩浜は石狩川が運んだ砂や日本海から吹く季節風によって、形成された海岸砂丘。小樽市銭函から石狩市厚田区まで延長約25キロで、海浜植物が群落をつくり、野鳥の繁殖地でもある。

残り:869文字/全文:1099文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る