PR
PR

<デジタル発>森友問題真相解明を 赤木雅子さんインタビュー

 「夫は改ざんから亡くなるまでの1年間、本当に苦しみました。人間が壊れていくのを目の前で見たんです。夫のように改ざんに手を染めた人が今、苦しんでいるのなら本当のことを話してほしい」。森友学園への国有地売却に関する決裁文書の改ざんを強いられ自殺した財務省近畿財務局の元職員赤木俊夫さん=当時(54)の妻雅子さん(50)は3日、北海道新聞社を訪れてインタビューに答えた。国と当時の財務省理財局長だった佐川宣寿氏を相手にした訴訟への思い、夫を自死に追い込んだ組織に対する胸の内を語った。(報道センター 下山竜良、門馬羊次、野呂有里)

インタビューに応じた赤木雅子さん。改ざんを命じられたという日のメモが記された夫の遺品の手帳を持参した
インタビューに応じた赤木雅子さん。改ざんを命じられたという日のメモが記された夫の遺品の手帳を持参した


 ――俊夫さんが文書改ざんの過程を時系列で記し、財務省理財局とのメールや添付資料をまとめた文書「赤木ファイル」について、昨年3月の提訴時から存在を指摘し、国側に公開を求めていました。5月に国側がファイルの存在を認め、6月23日の第4回口頭弁論(大阪地裁)でファイルが提出されます。

 ファイルが存在するのに国側は「探索中」という言葉で濁し、時間稼ぎをされたことに憤りを感じています。それでも「ある」と認めたことで第一歩を踏み出せたと思います。ただ、国側は一部(第三者の個人情報)を黒塗りにするという説明をしています。夫が残した記録にどれだけ黒塗りをされるのか気がかりです。ファイルは全て改ざんに関わる記録なので、その作業を誰がどういう指示でしたのか、関わった人たちが出てくるのなら、黒塗りをする必要はないはずです。

――俊夫さんは、どんな気持ちでファイルを残したのでしょうか。

 夫はとてもきちょうめんな性格で何でも記録する人でした。決裁文書の改ざんを指示された2017年2月26日のことも手帳に書いていました。その日は日曜日で、夫と買い物に出掛け、その後に地元の梅林公園を訪れた時に夫の上司から電話がありました。手帳には「統括(上司)から連絡を受け出勤」と書いていました。改ざんのために呼ばれたのです。やりたくないことを指示され、断ることもできなかった。そのつらい思いを全てファイルに記録していると思います。

赤木俊夫さん(雅子さん提供)
赤木俊夫さん(雅子さん提供)


 ――俊夫さんが命を絶つ時、自宅のパソコンに「手記」を残し、雅子さんが昨年の提訴時に公表しました。その手記では佐川氏の指示で改ざんが行われたと書かれていました。赤木ファイルには、より詳細な状況が記されているのでしょうか。

 夫は佐川さんと直接やりとりできる立場ではなかったと思います。それでも手記には「すべて佐川さんの指示」と書いていました。それだけ断言しているのですから、ファイルには佐川さんの具体的な指示につながるような記述があるのではと思っています。手記に書いてあることと同じ内容なら、国はこれほど提出を拒まなかったのではないでしょうか。

 ――財務省が2018年に公表した調査報告書では、改ざんの責任の所在が曖昧だったため、具体的な改ざんの状況を記した手記の公表は、大きな衝撃がありました。

 手記は自宅で夫が亡くなっているのを…
【関連記事】
赤木ファイル全面開示を 森友改ざんで自殺職員の妻雅子さん訴え 再調査「夫への礼儀」

残り:1668文字/全文:2946文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る