PR
PR

札幌のコロナ感染者「減少局面」 曜日ごと比較で5月下旬以降下回る 医療体制なお厳しく

 札幌市が発表する新型コロナウイルスの日別感染者数は5月下旬以降、前週の同じ曜日を下回る日が続いている。感染者が比較的多いとされる水、木曜日でも今週は前週の半数前後になった。ただ、感染状況は高い水準にあり、医療提供体制は厳しい。街中への人出も増加の兆しがみられ、市は引き続き警戒を呼び掛けている。

 感染者数が前週の半分の193人となった3日、札幌市保健所の担当者は「減少局面に入っている。緊急事態宣言発令の効果がやっと見えてきた」と話した。

残り:576文字/全文:796文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る