PR
PR

「猟友会」名称巡る訴訟が和解 東京地裁 釧路のNPO法人、「エゾシカ会」に変更

 都道府県のハンターが加入する各猟友会で構成する一般社団法人大日本猟友会(東京)が釧路市のNPO法人「NPO釧路市猟友会」に対し、「猟友会」の商標権を侵害しているとして名称使用の差し止めなどを求めた訴訟は東京地裁で和解が成立した。

 和解は4月30日付。釧路市猟友会が同27日付で名称を「エゾシカ会」に変更したことを受け、大日本猟友会は訴えを取り下げた。

残り:189文字/全文:365文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る