PR
PR

十勝にもヤングケアラー 家族の世話や介護に追われる中高生ら 教員の観察力、重要に 気軽に話せる場づくりを

 家族の世話や介護、家事などに中高生らが追われる「ヤングケアラー」が問題になっている。背景には少子高齢化で特定の家族に負担がかかり、家庭内の問題として、表面化しにくいまま放置されてきたことがある。十勝管内の教育、福祉関係者は「管内でも表面化しないまま深刻化しているケースがある」と、こうした若者への支援を模索している。

 管内の公立高校の50代の養護教諭はこれまで数人のヤングケアラーの生徒を福祉の支援につなげた。

残り:1280文字/全文:1486文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る