PR
PR

多喜二Tシャツ復刻 小樽のジーンズショップが4年ぶり 「蟹工船」引用

 小樽ゆかりのプロレタリア作家小林多喜二(1903~33年)をあしらったTシャツが今年、4年ぶりに復刻、限定発売された。小樽市中心部の梁川通りに店を構える「ジーンズショップロッキ」(稲穂4)が、市立小樽文学館を支援する小樽文学舎と協力して企画。6月に予定されていた恒例の多喜二祭が、新型コロナ禍の影響で中止に追い込まれる中、関係者は「多喜二の思いを伝えるきっかけになる」と歓迎している。

 デザインは2017年の初回制作時と同様、多喜二の写真と作品の一節を使用。小説・蟹工船から「底の底のことになれば、うそでない、あっちの方が俺達をおッかながってるんだ。ビクビクすんな」と記した。

残り:310文字/全文:599文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る