PR
PR

夕張メロン2玉270万円 昨年の22・5倍、ご祝儀相場復活

 夕張メロンの初競りが24日朝、札幌市中央卸売市場で行われ、札幌のベビーフード会社「Hokkaido Products」(北海道プロダクツ)がこの日最上級の「秀品」1箱(2玉)を270万円で落札した。メロンは切り分けて、抽選で全国の子育て世帯10世帯に無料で贈る。新型コロナウイルス禍で急落し12万円だった昨年の22・5倍となり、2年ぶりに「ご祝儀相場」が復活した。

 初競り価格は夕張市が財政破綻した翌年の2007年に1箱200万円で落札されて以来、PR効果を狙った高額落札が続いていたが、昨年は記録が残る01年以降で最安値だった。

【関連記事】
夕張メロン初収穫、品質上々 札幌で24日初競り

残り:298文字/全文:593文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る