PR
PR

ガリンコ号3 点検ヨシ 作業終え稚内から紋別へ

 【稚内】4月下旬から稚内で点検を受けていた紋別の砕氷観光船「ガリンコ号3イメル」(366トン)は一連の作業を終え、紋別に戻った。

 今年1月に就航したイメルは全長約45メートル、幅8.5メートル。運航会社の紋別市の第三セクター「オホーツク・ガリンコタワー社」は船体の規模などから点検先に市内の造船・船舶修理業「稚内港湾施設」を選んだ。ガリンコ号が紋別以外で点検を受けるのは初めて。

残り:315文字/全文:505文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る