PR
PR

旧晩生内駅 5月末にも解体 浦臼大雪で破損 倒壊の恐れ

 【浦臼】昨年5月に廃止となったJR札沼線の旧晩生内(おそきない)駅の駅舎について、JR北海道は今月末にも解体工事を始める。今冬の大雪の影響で柱が折れるなどしており、倒壊の危険があるため。

 駅舎は1935年(昭和10年)の同駅開業時からある木造。外観が似ているとして、隣の旧札比内(さっぴない)駅(月形)と共に「兄弟駅」として知られている。

残り:117文字/全文:287文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る