PR
PR

新鮮ダイコン丸々と 上川管内トップ、比布で収穫

 【比布】管内のトップを切って、ビニールハウス栽培のダイコンの収穫が14日、町内の農家で始まった。

 品種は「春大将」。甘くみずみずしいのが特徴で、町内では2戸が栽培している。菅原農産(南1の1)では、毎年2月下旬に25棟のハウスで種まきを手作業で行い、この時期に収穫する。菅原勝美社長(55)は「スティック状などにして生で食べるとおいしい。柔らかいので煮物にしてもすぐ煮える」と話す。

残り:175文字/全文:367文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る