PR
PR

「ニセコラーメン」真狩で復活 倶知安から移転

 【真狩】ラーメンを真っ白なジャガイモのムースで覆った「ニセコラーメン」で知られ、休業していた倶知安のラーメン店「ニセコラーメン風花(かざはな)」が14日、村緑岡のまっかり温泉内に移転オープンした。店主の相良和宏さん(45)は「地元に愛される店づくりを進めたい」と意気込んでいる。

 相良さんは東京出身。2008年に倶知安町市街地でラーメン店を開いた。その後、同町ひらふ地区に店舗を移し、冬季に訪れる外国人スキー客らから人気を集めていた。しかし、ひらふ地区の家賃高騰や従業員確保の難しさなどから、昨年4月にやむなく休業。通年営業に向け、まっかり温泉内への移転を決めた。

残り:257文字/全文:540文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る