PR
PR

北海道に緊急事態宣言 16日から31日 広島、岡山も 政府、見送り方針転換 今夕決定

 政府は14日午前、北海道、広島、岡山の3道県に新型コロナウイルスの緊急事態宣言を発令する方針を固めた。同日夕のコロナ感染症対策本部会合で決定する。期間は16~31日。菅義偉首相は、北海道への宣言発令を見送り、広島、岡山両県へは「まん延防止等重点措置」を適用する方針だったが、14日午前の専門家らによる基本的対処方針分科会で異論が噴出し、変更した。

 北海道への緊急事態宣言発令は昨年4~5月以来、2度目。北海道は9日に重点措置が適用されたが、新規感染者が13日に過去最多の712人を記録。わずか1週間で対策強化を強いられた。宣言の対象は発令中の東京、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡6都府県と合わせ、計9都道府県になる。

残り:572文字/全文:880文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る