PR
PR

シジミ大粒、朝日に輝く 網走湖で漁始まる

 【網走、大空】全道一のシジミ漁獲量を誇る網走湖で今季の漁が始まった。品質の良さなどから昨年、農林水産品の地域ブランドを守る農林水産省の地理的表示(GI)保護制度に登録された大粒のシジミが連日、大量に水揚げされている。

 5日に解禁され、13日は空が白み始めた午前4時、西網走漁協所属の38隻が網走市とオホーツク管内大空町の3漁港から一斉に出港。漁業者たちは漁場に着くと、鉄製の爪が付いた籠を降ろし、船で引いて湖底をさらう作業を繰り返した。引き揚げられたシジミは船上の自動選別機にかけ、14ミリ未満は湖に戻している。

残り:113文字/全文:370文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る