PR
PR

「看護の日」 道内看護師がPCRの定期検査など求め記者会見

 道内の医療従事者らでつくる道医労連は「看護の日」の12日、札幌市内で記者会見を開いた。新型コロナウイルス対策の最前線で働く看護師らの窮状を改めて訴えた上で、安心して働くためにPCR検査が定期的に受けられる体制を求めた。

 鈴木緑執行委員長のほか、札幌と旭川の看護師10人がオンラインで参加した。

残り:246文字/全文:393文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る