PR
PR

雪解けで一気 とどろく水柱 石狩・雄冬「白銀の滝」

 【石狩】市浜益区雄冬の国道231号線沿いにある「白銀(しらがね)の滝」が4月下旬以降、雪解けで水量が増し、迫力のある水しぶきを上げている。

 滝は留萌管内増毛町との境界近くにあり、落差は約25メートル。幾千もの銀の柱のように流れ落ちる水の様子が名前の由来となった。暑寒別天売焼尻国定公園の暑寒連峰の山肌を伝い流れる雪解け水が「ゴー」という豪快な水音を響かせながら、一気に日本海へと流れ落ちている。

残り:144文字/全文:342文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る