PR
PR

原料を「ななつぼし」一本に 上ノ国の地酒「天河のめぐみ」

 【上ノ国】上ノ国日本酒友の会(佐藤博会長)は、町内産の「ななつぼし」を使った純米大吟醸の地酒「天河(てが)のめぐみ」を発売した。昨年までは「ふっくりんこ」を原料にした酒も造っていたが、今年は口当たりが良く、飽きの来ない「ななつぼし」に一本化した。

 フルーティーな香りで繊細な味わいが特徴。原料米を1種類にする代わりに、さまざまな好みに合わせた酒を提供しようと、加熱した「火入」、新鮮さが特徴の「絞りたて生」、香りの強い「生酒」、夏に寝かせて秋に出荷する「ひやおろし」の4種類を用意した。佐藤会長は「ぜひ飲み比べてほしい」と話している。

残り:179文字/全文:447文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る