PR
PR

シマクイナ、勇払で繁殖 絶滅危惧種の野鳥 国内初、北大グループ確認

 絶滅の危険性が高い野鳥シマクイナが、苫小牧市を中心とする勇払原野で繁殖していることを、北大大学院地球環境科学研究院の先崎理之(せんざきまさゆき)助教(33)らの研究グループが確認した。国内での繁殖確認は初めてで、ひなの撮影は世界初。シマクイナは北日本で卵を産み、育てる「国内繁殖種」であることを裏付けた。

 シマクイナは全長約13センチで世界最小のクイナ科鳥類。極東に生息するとされ、環境省のレッドリストで、近い将来に絶滅の危険性が高い「絶滅危惧IB類」に指定されている。勇払原野ではこれまでも成鳥が確認されており、繁殖の可能性が指摘されていた。

【関連記事】
<特集>北海道いきものラボ

残り:326文字/全文:618文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る