PR
PR

「から酒」自宅にお土産に 網走特産カニの殻入り熱かん パッケージ商品を来月発売

 【網走】網走市内の飲食店などで飲まれている地元特産のイバラガニの殻を熱かんに入れて飲む「から酒(さけ)」を自宅でも飲んでもらおうと、水産加工会社「牛渡水産」(網走)がパッケージ商品を開発した。市内の鮮魚店や女満別空港などで6月上旬から販売を始め、ネット販売も行う。

 イバラガニは濃厚な味わいが特徴。商品には180ミリリットルのカップ酒とカニの殻が入っており、電子レンジで酒と殻を温め、殻を酒の中に7分間入れた後に飲む。から酒は網走のカニ漁師らが古くから親しんできた飲み方で、牛渡水産が2019年に「ひれ酒」をもじった名称で商品を企画。現在、網走や札幌の居酒屋30店で提供している。牛渡貴士社長は「商品が網走に来てもらうきっかけになれば」と話す。

【関連記事】
<特集>キタコレ ~北海道をおいしく、旅する~

残り:93文字/全文:445文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る