PR
PR

変異株で強制隔離3週間に シンガポール、1週間延ばす

 【シンガポール共同】シンガポール政府は4日、入国者に義務付けている借り上げホテルなど専用施設での強制隔離期間を1週間延ばし、計3週間とすると発表した。新型コロナウイルスの変異株の感染が世界各地で広がっており、警戒レベルを上げる。

 延長は7日午後11時59分からで、オーストラリアやニュージーランドなど感染抑止に成功している一部の国を除いて原則適用する。

 シンガポールは感染抑止にほぼ成功していたが、最近変異株の市中感染を確認しており、規制強化に踏み切った。このほか職場での人数制限や屋内ジムの利用停止などを実施する。

PR
ページの先頭へ戻る