PR
PR

チューリップ鮮やか 木古内・サラキ岬 2年ぶりフェア

 【木古内】幕末の軍艦、咸臨(かんりん)丸が沈んだ町亀川のサラキ岬広場で、「チューリップフェア」(実行委主催)が開かれている。赤や黄色など色とりどりの花が咲き、訪れた観光客の目を楽しませている。

 町民有志が咸臨丸が製造されたオランダにちなみ、オランダの国花のチューリップ70種5万本を植栽している。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で中止し、2年ぶりの開催となった。

残り:178文字/全文:361文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る