PR
PR

道内4人死亡、114人感染 新型コロナ

 道などは3日、新型コロナウイルスに感染した4人が死亡し、新たに114人が感染したと発表した。変異株については、道立衛生研究所の解析で新たに計25人の感染が確定し、道内の確定患者は計278人となった。

 死亡したのは、札幌市居住の60~80代の4人。道内の死者は計871人、感染者数は延べ2万4790人(実人数2万4721人)となった。新規感染者のうち、札幌市発表分は88人(うち居住地非公表9人)で、同市発表の1日当たりの新規感染者数が100人を下回ったのは6日ぶり。

 新たに感染が確定した変異株は全て英国型で、道分が22人、小樽市分が2人、函館市分が1人。変異株PCR検査の新規陽性者(確定診断待ち)は計155人で、内訳は札幌市分が106人、道分が48人、旭川市分が1人だった。道内の変異株陽性者は確定済みを含め計2132人となった。

 新たなクラスター(感染者集団)は3件。札幌市内では、コンサルタント会社で従業員7人が、同市内の医療機関で患者17人と職員7人の計24人が、それぞれ感染した。札幌市はいずれも濃厚接触者が特定できているとして名称を公表していない。医療機関は外来診療と新規の入退院を休止しているという。また道は胆振管内安平町の陸上自衛隊安平駐屯地で自衛隊員計6人が感染したと発表した。(犬飼裕一)

PR
ページの先頭へ戻る