PR
PR

「しかバス」で移動ラクラク 鹿部でコミバス運行開始

 【鹿部】渡島管内鹿部町は1日、町内を循環するコミュニティーバス(コミバス)の運行を始めた。車を運転しない町民も安心して暮らし続けられる公共交通網の整備の一環で、1日6~15便を運行する。

 町はコミバスの愛称を町民から募集し「しかバス」と決定。町内本別のリゾート地区と、6日から供用が開始される鹿部町役場新庁舎までの約12キロを毎日運行する。途中、公民館や郵便局などの主要施設に立ち寄る。運賃は中学生以上100円、小学生50円。バスの車体は海をイメージしたイラストでラッピングし、車内のモニターでは町の紹介動画を上映する。

残り:251文字/全文:512文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る