PR
PR

道内1人死亡180人感染 変異株疑い最多187人 新型コロナ

 道などは1日、新型コロナウイルスに感染していた1人が死亡し、新たに180人の感染が確認されたと発表した。また、変異株PCR検査の陽性者(確定判断待ち)も新たに187人確認した。1日当たりの変異株陽性者数としては、4月30日の105人を上回り、過去最多となった。

 新たな変異株陽性者の内訳は札幌市分141人、道分43人、函館市分2人、旭川市分1人。道内の変異株陽性者は道立衛生研究所などでの確定済みを含めて計1891人となった。

 道内の1日当たりの新規感染者数が180人以上となるのは4日連続。日別の新規感染者のうち、札幌市発表分は131人(うち居住地非公表23人)で4日連続で130人を超えた。死亡した1人は札幌市の50代。道内の死者は計861人で、感染者は延べ2万4350人(実人数2万4283人)となった。

 新たなクラスター(感染者集団)は2件。札幌市内の大学では学生7人と関係者2人の計9人の感染が確認された。市は濃厚接触者28人を特定できているとして大学名を非公表としている。旭川市の新富小は公表済みの教職員1人に加え、児童4人の感染が判明して計5人となった。

 既存クラスターは札幌市の医療機関が2人増の計113人、石狩市の石狩翔陽高が3人増の計29人、札幌市の認定こども園が3人増の計26人などとなった。 
(内藤景太、若林彩)

PR
ページの先頭へ戻る