PR
PR

道立施設が休館 札幌市内の13施設 電話相談など継続も

 道は1日から、札幌市を対象とした大型連休の新型コロナウイルス特別対策の一環で、市内に13ある道立施設の全てを原則休館とした。期間は特別対策に合わせて11日まで。

 知事公館など4施設は4月24日から既に休館している。残る9施設のうち、道立近代美術館は常設展を休止する一方、特別展はチケットを購入済みの客がいることもあり、感染対策を取って展示を続ける。道民活動センター(かでる2・7)や道立総合体育センター(北海きたえーる)などの予約に基づく施設利用は、料金を払い戻すなどして自粛を求める。市民活動促進センターや女性プラザ、消費生活センターの電話相談業務は続ける。

PR
ページの先頭へ戻る