PR
PR

コロナ、道内2人死亡 感染者は234人、2日連続200人超

 道などは29日、新型コロナウイルスに感染した2人が死亡し、新たに234人が感染したと発表した。道内の1日当たりの新規感染者数が200人を上回るのは2日連続で、札幌市発表分は2日連続の170人台、旭川市発表分も約4カ月ぶりの20人台に。札幌を中心とした感染者の確認が他地域にも広がりつつある。

 道内の新規感染者が230人を超すのは、233人だった昨年11月18日以来で約5カ月ぶり。札幌市の感染者は再陽性1人を含む172人(うち居住地非公表35人)で、昨年11月の190人台に次ぎ、過去3番目の高水準となっている。旭川市は再陽性1人を含む29人。旭川龍谷高で発生したクラスター(感染者集団)が影響し、20人台となるのは昨年12月26日以来だ。

 道の対策本部指揮室は、感染力の強い変異株の感染拡大が要因だとし、「札幌と人の行き来のある石狩、空知、胆振の各管内でも感染者数の増加が目立つ」と警戒する。(阿部里子)

PR
ページの先頭へ戻る