PR
PR

福島対策地域のPCB廃棄物 室蘭の市民団体「受け入れ反対」

 東京電力福島第1原発周辺の汚染廃棄物対策地域にある高濃度ポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物を室蘭市内で処理する計画に関し、市内の市民団体が28日、室蘭市の青山剛市長に市民説明と受け入れ反対を申し入れた。市内の市民団体が市に正式に反対を伝達したのは初。青山市長は受け入れの是非については明言を避けつつ「安全性の確保が条件」と述べ、6月に国の説明会が行われるとの見通しを示した。

 申し入れたのは「原発廃炉金属の再利用を監視する市民の会」。青山市長に「市民が抱える不安や疑問を払拭(ふっしょく)し、中止も検討してほしい」と求めた。さらに「市が受け入れない選択肢はあるのか」「今後、室蘭市で放射能汚染物処理として様々な物を押しつけられる懸念は無いか」など6項目の質問書を渡し、5月20日までに答えるよう求めた。

残り:476文字/全文:829文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る