PR
PR

春の味覚 アサリ次々と 北斗で漁開始

 【北斗】春の訪れを告げるアサリ漁が28日、市館野地区の海岸で始まった。胴長姿の漁業者約20人が熊手を使い、石や砂に埋まった天然アサリを次々と掘り出していた。

 漁は毎年この時期に実施。市によると、津軽海峡沿岸で天然アサリが採れるのは北斗だけで、砂利の中で育つため、貝殻に美しい模様が入るのが特徴だ。

残り:191文字/全文:340文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る