PR
PR

<野々村流>チーム力維持へ増資選択

[PR]

 22日にコンサドーレの株主総会を開きました。2020年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響をもろに受け、約2億7100万円の赤字でした。選手スタッフらの給与返納やシーズンシートの払い戻しを辞退した寄付があり、コロナ禍であらゆるサポートをしてくださる皆さんには感謝の言葉しかありません。

 株主総会で10億円を超える増資の計画を発表しました。大規模な増資は4年ぶりです。実施の理由を端的に言えば、債務超過を回避してJリーグのクラブライセンスを維持するため。すぐに黒字化するのが難しいコロナ下での経営環境では強化費を削って黒字にするか、増資するかの2択で、クラブはチーム力を落とさない方法を選択しました。

 Jリーグは今季日程の4分の1を消化しました。けが人が相次ぎ、14位は思ったより低いですが、予算規模からすれば想定の範囲内です。強くなるには「稼ぐ力」も必要です。失点が多いからと言って、守備的なサッカーでは見ていて楽しくない。このクラブの大きさで、ワクワクすることをしながら少しでも上に行くスタンスは変わりません。

 最後に、ナイジェリア人のガブリエル選手が26日に練習合流しました。大人数のトレーニングを長い期間しておらず、戦術理解の時間を考えると、試合に出る時期は見通せませんが期待しています。プレゼントしてくれた民族衣装のデザインがコンサドーレの赤と黒だったのでうれしかったです。(コンサドーレ社長)

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る