PR
PR

「農業をやりたい」新得、鹿追に女性研修生続々 町は担い手に期待

 【新得、鹿追】新得、鹿追両町の女性農業研修が人気だ。本年度は新得町立レディースファームスクール(LFS)と鹿追町の産業研修に計21人が参加。各町の専用施設を生活拠点として1年間(鹿追町は7カ月~1年)、農家で酪農や畑作を学ぶ予定だ。女性たちは「農業をやりたい」と目標が明確で、農業の担い手不足の解消へ期待が高まっている。

 新得のLFSには今春、18~41歳の10人が入校した。昨年はミャンマー人6人が短期研修しただけで、1年間の長期研修は1人だけだった。このため町は全国の農業関連の高校、専門学校、大学など約900校へ案内を送り、国の支援が受けられることなどを紹介。PRが奏功し、10人のうち7人が高校卒業後の進路としてLFSを選んだ。

残り:543文字/全文:862文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る