PR
PR

ドローンや無人車両で千歳基地警備 防衛省、5G実証実験へ

 防衛省は本年度、高速大容量通信規格「5G」を利用した実証実験を航空自衛隊千歳基地(千歳市)で始める。小型無人機ドローンを使った基地警備の省力化や備品管理の効率化などが狙い。将来的には自衛隊基地・駐屯地の「スマート化」を進め、災害対応への応用も目指す。

 実証実験は来年度まで2年間実施。民間事業者に委託し、限られた区域内のみで運用する「ローカル5G」を千歳基地内で設置する。防衛省によると、全国の自衛隊の基地や駐屯地に5Gを設置するのは初めて。防衛省は関連経費4億円を本年度予算に計上した。

残り:315文字/全文:560文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る