PR
PR

母グマに襲われハンターけが 富良野 その場で駆除

[PR]

 【富良野】27日午前9時ごろ、富良野市西達布の山林で、同市の男性ハンター(48)がクマに襲われ頭と腕、足にけがを負った。道内では今月、釧路管内厚岸町でクマによる死亡事故も発生しており、専門家らは警戒を呼び掛けている。

 富良野署によると男性が負傷した現場は国道38号から北へ約2・5キロの農村地帯。前日にクマの目撃情報があったため男性は付近をパトロール中で、親子3頭と遭遇し母グマに襲われた。一緒に警戒していたハンターが母グマを駆除し、2頭の子グマは逃げたという。事故を受け、富良野市は現場に出没を知らせる看板を設置。富良野署も住民に注意を呼び掛けた。

残り:155文字/全文:431文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る