PR
PR

<コンサドーレ データは語る>ポジション変更 攻撃充実 札幌2―1仙台(4月24日・札幌厚別公園競技場)

 札幌が1点差を追う後半に小柏とジェイのゴールで2点を挙げ、先制を許す展開で今季初めて逆転勝ちした。15分ごとのボール支配率は札幌がすべての時間帯で上回ったが=表1=、仙台の引いた守りと24、25日の第11節8試合で2番目に多い9回のロングカウンターに苦しんだ。

 ゴール前で守りを固められた札幌はシュート14本のうち8本をペナルティーエリアの外から打たされた。ただ、シュートに至るプレーはショートパス(4回)やセットプレー(3回)、ドリブル、クロス(各2回)と、相手ゴールをこじ開けるための多彩な攻めを試みた。

残り:410文字/全文:665文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る