PR
PR

札幌・定山渓ビューホテル、通販大手のベルーナが買収

 通販大手のベルーナ(埼玉)は23日、札幌・定山渓温泉で最大規模の宿泊施設「定山渓ビューホテル」(647室)をカラカミホテルズアンドリゾート(札幌)から買収したと発表した。新型コロナウイルス禍の影響で2月から休館しているが、9月ごろまでの営業再開を目指すとしている。

 同ホテルは地上16階地下3階の延べ約7万8千平方メートルで、敷地面積は約2万4千平方メートル。複数の大浴場のほか、大型温水プール施設「水の王国ラグーン」、大小の会議室など多様な館内施設を構える。札幌圏のファミリー層などに人気があり、近年は中国をはじめ訪日外国人客の利用も増えていたが、コロナ禍で団体客が急減し苦戦していた。

残り:308文字/全文:603文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る