PR
PR

「年末 新酒届けたい」 上川大雪酒造 函館で工事開始

 上川大雪酒造(上川管内上川町)が函館市亀尾町に新設する酒蔵の地鎮祭が23日、建設予定の旧亀尾小中学校跡地で開かれた。関係者約30人が出席し、工事の安全を祈った。函館市内では54年ぶりの酒蔵として10月に完成し、年内に初出荷を予定している。

 酒蔵の建設と酒の販売は「函館五稜乃蔵(ごりょうのくら)」(函館、漆崎照政社長)が担う。木造2階建てで、延べ床面積は約830平方メートル。函館高専とも連携し、醸造分野で共同研究を進めていく。

残り:152文字/全文:367文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る