PR
PR

ワイン醸造、夢「かなえる」 めむろワイナリー7月初出荷

 【芽室】町産ブドウを使ったワインの醸造会社「めむろワイナリー」は7月、町内の観光施設「新嵐山スカイパーク」(中美生)に昨秋完成した醸造所からワインを初出荷する。今月23日から約1カ月間、クラウドファンディング(CF)で購入予約を受け付ける。

 同社醸造第1弾として初出荷するワインは「かなえる」。町内5戸のブドウを農家ごとに別々の樽で熟成させた。同社によると、同じブドウ品種「山幸」や「清舞」を使っても、畑の土の性質や気温などによってワインの味や香りには違いが出るという。

残り:345文字/全文:581文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る