PR
PR

ありがとうビラトレンジャー 平取の非公認ヒーロー 頸椎痛め無期限活動休止

 【平取】町民有志7人でつくる町の非公認ヒーロー「ビラトレンジャー」が、無期限で活動を休止する。ご当地戦隊ヒーローとして7年半余り、町内外のステージイベントなどで地道な町のPR活動を無報酬で続けてきた。けがで頸椎(けいつい)を痛め、活動に幕を下ろす決断をしたリーダーの団体職員斉藤忍さん(55)は「仲間に恵まれ、うれしかった。温かく迎えてくれた人たちに感謝したい」と語った。

 発足は、斉藤さんが「平取町にもローカルヒーローがいたら面白い」と考えたことがきっかけ。100円ショップで購入した黄色のマスクをかぶり、2013年冬から第1号として活動を始めた。斉藤さんの思いに共感し、町内の農家や自営業者ら20代から40代の男女6人がメンバーに加わった。

残り:429文字/全文:752文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る