PR
PR

札幌でサクラ開花 平年より11日早く

 札幌管区気象台は22日午前、札幌市内でサクラが開花したと発表した。2月以降の平均気温が平年より高く推移したため、1953年の観測開始以来2番目に早い記録となった。25日ごろに満開になる見通し。

 22日午前9時半、気象台(中央区)構内にあるソメイヨシノの標本木で、職員が基準となる5~6輪の花が咲いているのを確認した。開花は平年より11日早く、昨年より8日早い。大通公園でもピンク色のサクラが咲き、通りかかった市民が見上げていた。

残り:75文字/全文:290文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る