PR
PR

ばんえい騎手 馬の顔蹴る 帯広市が戒告処分

 【帯広】帯広市主催のばんえい競馬で、デビュー前の新馬を対象にした能力検査のレース中、男性騎手(44)が競走馬の顔を蹴っていたことが21日分かった。市は同日付で、この騎手を戒告処分とした。

 能力検査は18日、帯広競馬場で行われ、2、3歳馬の計175頭がレースに臨んだ。このうち第18レースに出走した2歳牝馬が障害を乗り越えられず、うずくまっているところを、そりから降りた男性騎手が馬の顔を目掛けて2回蹴った。

残り:153文字/全文:357文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る