PR
PR

ホテル函館ロイヤル売却へ 魚長食品グループ、横浜の会社に

[PR]

 【函館】鮮魚販売やホテル経営を手掛ける魚長食品グループ(函館、柳沢政人社長)は、函館市内で運営する「ホテル函館ロイヤル」を、ホテルの運営・再生を手掛けるブリーズベイホテル(横浜)に5月28日付で売却することを決めた。営業はこれまで通り続け、従業員約60人の雇用も維持する。

 同ホテルは1965年開業で、87年から魚長食品グループが運営する。客室は135室。500人収容できる大宴会場も備えるが、新型コロナウイルス禍による宴会自粛の影響などで、業績は低迷していた。

残り:129文字/全文:361文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る