PR
PR

新馬、ばんえい合格目指し力走 帯広、本年度初の能力検査

 帯広市主催のばんえい競馬で、デビュー前の新馬を対象とした本年度1回目の能力検査が18日、帯広競馬場で行われた。雨が降る中、2、3歳馬計175頭が検査に挑んだ。

 検査は本番のレース同様、200メートルの直線コースで実施された。ばん馬は年齢や性別に応じて460~570キロのそりを引き、制限時間内にゴールできれば合格となる。

残り:276文字/全文:437文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る