PR
PR

更別村がスーパーシティ申請 健康と長寿を後押し

[PR]

 【更別】十勝管内更別村は16日、先端技術の活用と規制緩和で地域課題を解決する「スーパーシティ」構想に基づく特区指定を国に申請した。自動運転の乗り合いタクシーやドローン(小型無人機)を活用し、村民の健康と長寿を後押しする事業を計画している。同日が申請期限で、内閣府によると道内からは同村のみ。

 申請のため国に提出した提案書は、「健康」「移動支援」など5分野で構成。自動運転タクシーによる送迎やドローン(小型無人機)での無人配送のほか、電子決済で食品などを買える無人店舗の整備、体に装着して血圧や体温を測定する端末の配布などを盛り込んだ。顔認証技術を活用した証明書の発行など、行政手続きの簡素化も目指す。

残り:107文字/全文:408文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る