PR
PR

釧路湿原・達古武の木道改修工事終了 遊歩道5月1日開通

 【釧路町】釧路湿原国立公園の町内達古武オートキャンプ場から夢ケ丘展望台へ通じる遊歩道の改修工事がほぼ終了し、5月1日に開通する。

木道が新しくなり、歩きやすくなった遊歩道
木道が新しくなり、歩きやすくなった遊歩道


 キャンプ場から展望台までの遊歩道は全長約2キロ。徒歩で片道30分ほどだ。釧路町によると、遊歩道ではヤチボウズやホタルが観察できるほか、展望台はJR北海道の観光列車「ノロッコ号」の撮影スポットとして知られ、写真愛好家もよく訪れていたという。

【関連記事】
<動画>雄大な釧路湿原走る SL冬の湿原号
<動画>釧路湿原 保護から共生へ
<特集>キタコレ ~北海道をおいしく、旅する~

残り:213文字/全文:464文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る