PR
PR

ワクチン接種の60代女性が死亡 脳出血、因果関係評価へ

 長崎県は14日、新型コロナウイルスのワクチンを接種した60代女性が、脳出血で死亡したと発表した。県によると、副反応を疑う症状はなく、接種との因果関係は不明。国の専門部会が事例を評価する。

 3月中旬に医療従事者を対象とした接種を受け、同下旬に亡くなった。

PR
ページの先頭へ戻る