PR
PR

喜茂別の国道沿いで土砂崩れ けが人なし

[PR]

 【喜茂別】13日午後8時半ごろ、後志管内喜茂別町鈴川の国道276号で、道沿いの斜面の一部が崩れ、道路が土砂や樹木で埋まっているのを車で通りかかった男性が見つけ、倶知安署に届け出た。巻き込まれた車両はなく、けが人はいなかった。14日午前0時現在、現場周辺は通行止めになっている。

 同署によると、土砂は幅約7メートル、延長約15メートルにわたって道路を埋め、高さ約2メートルに積み上がった。現場周辺は13日にまとまった雨が降り、同署は雨や雪解け水で斜面が緩んだとみている。

全文:235文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る