PR
PR

「五輪につながる大会に」 アイスホッケーのスマイルJ 世界選手権へ苫小牧で合宿

[PR]

 アイスホッケーの世界選手権(5月・カナダ)に臨む女子日本代表が苫小牧市内で事前合宿を行っている。日本にとって、出場を決めている来年の北京冬季五輪の試金石となる今大会。選手らは13日、オンライン取材に応じ「五輪につながる大会にしたい」と意気込みを語った。

 合宿は10日から21日まで。38歳のFW久保(西武、道浅井短大出)ら経験豊富な選手のほか、16歳のFW伊藤(ダイシン)ら若手も加えた25人を選出した。

残り:305文字/全文:508文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る