PR
PR

衆院道2区補選13日告示 野党前職に複数新人挑む

[PR]

 収賄罪で在宅起訴された吉川貴盛元農水相の議員辞職に伴う衆院道2区(札幌市北区の一部、東区)補欠選挙が13日告示される。自民、公明の与党が候補を擁立せず、野党の元職に保守系を中心とした複数の新人が挑む構図となる見通し。12日までに7人が出馬表明しており、8日告示された参院長野選挙区補選と参院広島選挙区再選挙とともに投開票は25日に行われる。

 菅義偉首相就任後、道内では初の国政選挙で、新型コロナウイルス感染症への対応や「政治とカネ」の問題が主な争点となる。各陣営は秋までに行われる次期衆院選をにらみ、選挙戦を展開する構えだ。

 出馬を表明しているのは、立憲民主党元職の松木謙公氏(62)=国民民主党、社民党、共産党道委員会推薦=と、いずれも新人で日本維新の会の山崎泉氏(47)=新党大地推薦=、NHK受信料を支払わない方法を教える党の斉藤忠行氏(29)、高知県の政治団体代表小田々豊氏(65)、無所属の弁護士長友隆典氏(52)、無所属の元HBCアナウンサー鶴羽佳子氏(53)、無所属の医師小林悟氏(56)の計7人。

 松木氏は共産党や社民党との野党統一候補で、コロナ禍で打撃を受けた事業者への支援拡充や「消費税減税」を掲げ、野党の支持固めを急ぐとともに、無党派層への浸透も図る。

 いずれも「保守」を自認する山崎、長友、鶴羽の3氏は与党不在となる中、保守票の取り込みに力を注ぐ。

 山崎氏は国会議員の歳費削減など「身を切る改革」を主張。長友氏は自民党員であることを強調し、丘珠空港の滑走路延長などを訴える。鶴羽氏は唯一の女性候補となる見通しで、女性が活躍する社会の実現を呼び掛ける。
(村田亮)

PR
ページの先頭へ戻る