PR
PR

全高齢者分のワクチン量「6月中に確保」 担当相 2回接種完了8月以降か

[PR]

 河野太郎行政改革担当相は9日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、国内の全高齢者3600万人分を6月中に確保できると表明した。ただ田村憲久厚生労働相は会見で、6月中に高齢者が1人2回接種を終えることは困難と説明。「7、8月の早い時期には体制が整っている状況を作らなければならない」と述べ、高齢者の接種完了は8月以降になるとの見通しを示した。

 高齢者への接種は今月12日に始まる。河野氏は、欧州連合(EU)から日本向け輸出が承認されることを前提として、米ファイザー製ワクチンが6月に最大約4500万回分確保できるとの見通しを説明した。これまでの確保分と合わせて1億回分を超え、1人2回打っても全高齢者分が接種できる計算になるという。「(次の段階の高齢者以外の)基礎疾患のある人向けのワクチンも一部カバーできる」と強調した。

残り:218文字/全文:587文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る