PR
PR

宮西誤算、日ハム7連敗 制球乱れ痛打

 日本ハムはソフトバンクに逆転負け。つかみかけていた勝利がするりと逃げた。2―1の八回に4番手で登板した宮西の制球が安定しない。2連打と四球で無死満塁とされ、デスパイネの犠飛で追い付かれた。なおも1死二、三塁から中村に2点適時打を浴び勝ち越しを許す。ここで降板を告げられた宮西は、うつむきながらベンチに戻った。

 七回までは1点リード。開幕から負けが込んでいるチームにあって、久しぶりに勝ちパターンに持ち込んだ試合だった。

残り:293文字/全文:503文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る