PR
PR

長沼高の制服 おしゃれに一新 人気デザイン採用、新入生増加に効果

 【長沼】長沼高(清水豊校長)の制服が一新され、8日の入学式でお披露目された。ワインレッドのブレザーは今風のタイトなシルエットで、これにピンクを効果的に配したチェックのスカート、ズボンなどを組み合わせる。おしゃれな制服は、新入生を増やす効果もあるようだ。

 同高によると、制服の見直しは約15年ぶり。これまでの緑系ブレザーから色も形も一新した。公立高の制服見直しは、従来の印象を残すマイナーチェンジが主流だが、同高は近年の生徒指導で生徒が落ち着いている上、課題となっている生徒数確保に一定の効果が期待できるとして、フルモデルチェンジを図った。

残り:284文字/全文:554文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る